BUSINESS 事業について

事業内容

Constellation Software Japan(以下、CSIジャパン)の事業は、”ミッション・クリティカルな(業務に欠かすことのできない)”ソフトウェア・ビジネスに投資を行い、長期に渡り発展させていくことです。


弊社は1995年の設立以降、トップクラスのソフトウェア企業のポートフォリオを構築してきました。その後、弊社は急速に成長し、世界100カ国以上で125,000件の顧客を持つ強力なコンステレーション(様々な異種業者の集団)を確立しています。


弊社は現在、世界中で80を超える様々な市場の顧客にサービスを提供する6つの事業グループを有しており、
(i)政府および政府関連顧客に焦点を当てた公共セグメント
(ii)商業顧客に焦点を当てた民間セグメント
といった、2つの事業セグメントにて財務報告を行っています。

本社はカナダのトロントに所在し、その他北米、ヨーロッパ、オーストラリア、南米、アフリカ、アジアにオフィスを構え、20,000人以上の従業員を擁し、2019年の売上高は30億米ドルを超えています。
CSIジャパンは、日本において市場をリードするソフトウェア企業への投資を行います。

投資理念

CSIジャパンでは、「事業譲受」というのは単に企業へ投資するだけのことではなく、そこにいる「人々」に投資をして、生涯にわたってビジネスを成長させることであると考えております。
グループ会社が長期的に成長を続けられるように、CSIジャパンでは「分散型モデル」にてグループ会社の経営を行っております。「分散型モデル」とは、ある一定の管理を除いては、意思決定はグループ会社の方々に行っていただく形式です。
それは従業員の方々にConstellation Software Inc.(以下、CSI)グループに蓄積された経営ノウハウを学んで頂きたいという考えもありますが、何よりもお客様にとって最良の意思決定ができるのは業界について最も熟知されているグループ会社の方々であるとの考えからです。 また、これがCSIジャパンが一度投資を行ったら、以降は売却を行わない理由であり、すべての社員に毎日新しいことを試みる機会を提供できるようにしております。

CSIジャパンは、業種特化型のソフトウェア市場において世界最大かつ、最も経験豊富なCSIの日本事業グループとして、以下のような事業を行っております。

‐ソフトウェア事業を持つ企業を発掘し、投資を行い、事業を継続・拡大させる。
‐経営陣、従業員の方々へ経営ノウハウを共有し、育てる。
‐業界をリードするITソリューションを構築する。

参画後、CSIグループの一員となることで、大きく2つのメリットがあると考えます。
1.定評のある事業ブランドをそのまま維持し経営を行う「分散型モデル」を実行できること。
2.世界中にあるCSIグループ会社の非常に経験豊富なソフトウェア市場の専門家から経営ノウハウなどを学べる機会や専門知識を共有する機会を得ることができること。
これらにより、従業員は自ら学び、成長し、一人一人がその分野で代え難い存在となる事ができると考えております。

CSIジャパンは、日本のソフトウェア市場の素晴らしい会社に出会える事を楽しみにしております。